スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグ・バースデー

2012年、フィレンツェで流行ったのか、私の周りだけだったのか、、、それはビッグ・バースデー。
友人が3人、それぞれ40歳、50歳といういわゆる大台のお誕生日を迎え、それぞれのバースデー・パーティーに呼ばれました。

私の火曜朝のお茶友達、アメリカ人の友人アリソンの50歳のお誕生日は50人が招待された自宅での着席ディナー。自宅のリビングがホテルのボールルームのようになっていてびっくり。

Alison+dinner0_convert_20130306095539.jpg

そして次に呼ばれたのが美人弁護士の友人、ジュリアーナのバースデー。こちらは夏の終わりに何と自宅のお庭で100人の着席ビュッフェディナー!結婚披露宴並みのセッティング、ビュッフェもそれぞれ別コーナーでアンティパスト、プリモ、お肉のセコンド、スカンピなどの魚介グリルのセコンド、デザート、、、超豪華。バンドが入り、歌う、踊る、、、ほとんどウェディング。

Giuliana+Tent_convert_20130306095927.jpg

Giuliana+cake+blow_convert_20130306100313.jpg

締めくくりは家も近所で仲良しのテア。サプライズ・パーティーの招待状が届き、当日は150人を超える親族と友人がフィレンツェのバンケット専用レストランに集まったところ、何も知らないテアがご主人とお兄さん夫婦とレストランに入ってきた瞬間バンドの演奏にのって150人がハッピーバスデーを大合唱。テアのびっくりした顔が忘れられません。ゲストの前でシェフがミルフィーユのバースデー・ケーキを作るパフォーマンスもあって美味しく楽しいパーティーでした。ケータリング会社はジュリアーナのと同様、最近ウェディングでも人気のガラテア。

↓トップシークレットと題され届いた招待状
Tea+Invito-3_convert_20130306100850.jpg

tea+cake+2_convert_20130306101111.jpg

そして注目したいポイントは!
どれも主催は旦那様なのです。

アリソンのご主人のスピーチ:「今年で18回一緒に君の誕生日を祝ったけど、これからもずっとずっと一緒に祝いたい」

ジュリアーナのご主人はお食事の一品一品、バンドが歌う音楽の選曲まで全て指示して大パーティーを仕切ったのですが、あくまでも自分は控えめ。ゲストに飲み物が行き届いているか目を配り、ぽつんとしているゲストがいたら横に座って話しかけて。ジュリアーナが楽しそうにしている姿を穏やかな笑顔で眺めていたのが印象的でした。

テアのご主人は1ヶ月前から招待客全員を巻き込んでの周到な準備。私は当日テアに怪しまれないようママと子ども達を家から連れ出す役目でした。

3人とも素敵な旦那様でラッキー、とばかりは言えない、とてもチャーミングな女性でよき妻、よきママなのです。

そんな友人のパーティーに持って行くプレゼント?
アリソンにはカッパネッレというワイナリーの名ワイン、50&50を。
ジュリアーナには胡蝶蘭とシルバー製のブローチとお揃いのブレスレット。(数ヶ月後に一緒に食事をしたらちゃんとそれを身につけてきてくれてびっくり。あんなにたくさんのゲストにどんどんプレゼントを渡されていたのに、、、さすがです)
テアには私の大好きなヘアサロンのヘッドスパをプレゼント。大好評でした。





日本へ里帰り Part 1

年末から1ヶ月程日本へ里帰りしておりました。
毎年一回この時期に帰国します。
私は海外生活は長いもののハワイやフィレンツェなど観光地に住んでいると家族や友人が頻繁に訪ねてきてくれるのでホームシックになることはありません。
ただ、、、さすがに年末が近づいてくると日本のお食事が恋しくなります。
出発前10日位になり日本であれを食べよう、これを食べようと思い始めるとイメージが膨らみすぎるのか、いつもは十分と思っている自分のつくる和食がとてもまずく感じられるようになってしまいます。

着いた日にいつも母が用意してくれるのは、手巻き寿司。
手巻き_convert_20120202081846
お刺身がこんなに美味しいということを1年間忘れていました。

大好きなしゃぶしゃぶ。
いかにトスカーナのお肉が美味しくても赤身なのでしゃぶしゃぶはできません、、、。
IMG_0135_convert_20120202082107.jpg

実家から歩いていける場所にある湘南の割烹「好庵」がミシェランの三ツ星を取ったと聞きびっくり。
早速行ってみました。本当に美しくひと品ごとに印象的なお味に感激しました。
好庵_convert_20120202082709
こうあん2_convert_20120202082648

そして銀座の全聚徳で北京ダック。
イタリアで偽北京ダックしか食べたことのなかった子供達もやっと本物にありつけました。
北京_convert_20120202082230

日本に住んでいたころ主人としょっちゅう通った六本木の「一億」の豆腐ステーキ。
懐かし~い。
豆腐ステーキ_convert_20120202083014

温泉旅館にも行きました。
温泉旅館_convert_20120202082805

日本での食事を1回も無駄にしないようにと思うばかり、銀座でお買い物中もおひとり様寿司。
すし_convert_20120202083947

でも一番美味しいのは私の実家で大家族で囲むお節かな。
日本のお正月なのに何故かイタリアの食卓のように賑やかです。
おせち料理_convert_20120202082933




フィレンツェより メリークリスマス!

もう明日はクリスマス・イヴでイタリアもすっかりクリスマス一色
本場カトリックの国なのに以外とクリスマス・イルミネーションは日本のように派手ではありません。
古い町並みにしっくりくるイルミネーションだったり、イタリアらしいユーモアのある演出だったり。

今年一番思わず写真を撮りたくなったのは、、、

IMG_0115_convert_20111223100229.jpg

真っ赤なチンクエチェントがクリスマスツリーを運んでる!!
町外れのガーデニングショップのディスプレイです。

ドゥオーモ前の大クリスマスツリーもキレイです。

IMG_0108_convert_20111223100705.jpg

街中もキンキラではないけど華やかなイルミネーションです。

IMG_0107_convert_20111223100506.jpg


皆様はどんなクリスマスを過ごされるのでしょうか。
メリー・クリスマス!!


ご無沙汰しております、、、。サラの結婚式

大変長らく更新できず、のぞいてくださっていた方々には失礼をいたしました。
ウェディングシーズンに入ってしまうとなかなか余裕がありませんが、やっと落ち着いた今日このごろです。
最後に書いたサラの結婚式、「どうだったの???」というメールもいただきましたのでご報告します。

考えてみれば結婚式はイタリア人にとって大切な「愛」「家族」「食事」「教会」が全て揃う最大の祝典日。
私にとっては久々、イタリア人同士の結婚式(教会式+レセプション)に参列しました。
そしてすっかり忘れていた「地元イタリア人のウェディング」の唯一の難点がどんなものか思い出しました、、、。
それはひとことで言うと「ひたすら長い」のです。

ヘアメイクは当社でサラとよく組むこともあり仲良しのMさん。お式は16:00なのに11:00にサラの自宅へ。
待ちに待ったこの日をむかえた花嫁は超テンションが高く、自宅でのヘアメイクなので家族や親戚、ご近所さんがひっきりなしにお祝いや質問をしにくる、、、。やっとヘアメイクが終わったのは16:00。さあ着替えてヘッドピースをつけてと思ったらお父さんがお花屋さんからピックアップしてきた花がオーダーしたものと全く違うとサラは今にも泣きそう。今泣かれては、、、とヘアメイクさんの必死の慰めと間違って来たお花を花びらだけ使ってヘッドピースをつくりましょうとのアドバイスで持ち直し、、、。

花嫁が教会に着いたのは挙式時間の30分遅れ。
150人程の参列客はひたすら花嫁待ち。
やっと到着した車からパパと一緒に降りて来たサラ、綺麗!

dsc04850.jpg

おうちのすぐそばのロマネスク様式の教会で結婚のミサが行われました。
(これがまた恐ろしく長く、1時間半くらいはかかったような、、、皆さん信者さんなので儀式に参加したり、教会での挙式の登録を行う為の儀式があったりするのです。)

dsc04898.jpg

教会から出て来たふたりはいやと言う程ライスシャワーを浴びさせられます。

dsc04938-1.jpg

「私たちはフォトツアーがあるから先にレセプション会場に行っててね!」
と言われフィレンツェ郊外のお城に向かいました。

dsc05101-1.jpg

18:00からもうレセプション前のアペリティーヴォ(食前酒とおつまみ)がふるまわれていました。トスカーナの名産生ハムやサラミ、チーズがどんどんサーブされるコーナー。キレイなお菓子のようなオードブルのコーナー等多数。
食べて、飲んで、待つ事、待つ事、、、。

アッペリチヴォ_convert_20111117071112

花嫁が会場に現れたのはなんと21:00をまわっていました、、、。
カメラマンにまかせていたらたった1箇所でのフォトツアーが2時間かかったとかで花嫁もぐったりした様子、、、。
待ちわびた子供達にむかえられるカップル。

dsc05122.jpg

お城のダイニングでフォーマルなコースディナーが始まったのは22:00。
dsc05247.jpg

さすがサラが選び抜いただけあって美味しかったですが、眠い、、、だってもう00:00。

ケーキカットが始まったのは01:00、、、。カットするのだけは見届けて帰りました。
パーティーは朝の5時まで続いたとか。

地元イタリア人のウェディングにはプランナーもコーディネーターもいないのです。
手伝ってくれる人はいっぱいいるからいいわ、と言うのだけど全てを把握してる人はおらず、煽動が多い分混乱し、唯一わかっている花嫁は当人で忙しいし、、、。
ちょっと誘導してくれる人が1人いるだけで花嫁も参列者もこれほど疲れずに楽しめるのに、、、と思いましたが
ここはイタリア。彼らにとってこのカオスは家族、親戚、友人とひたすら食べてしゃべりまくるためのお祭りだからこれはこれで楽しいのかも。




サラの結婚

当社のウェディング・フォトグラファーのひとり、チャーミングなサラが結婚!
若くていつもカジュアルな彼女のイメージとは違う、正統派ウェディング・インヴィテーションが届きました。

invito_convert_20110512071732.jpg

こちらでは正統派のINVITO (招待状)は上質な紙に印刷されたセレモニーへの案内に加え、レセプションへの招待状がカリグラフィーで宛名を書いた封筒に入れられ、封をせず、手渡しが基本。
最近は簡易印刷ですませる方も増える中、ステーショナリー好きな私はこんなフォーマルな招待状をいただくとつい嬉しくなってしまいます。


最近多いのがウェディング・リストにかわる、ハネムーン・リスト。
ふたりのハネムーンをアレンジする代理店からの案内があり、招待客がその費用の一部を予算に合わせてプレゼントするシステム。

honeymoon_convert_20110512072015.jpg

ずっと彼女からウェディングの計画を聞かされていた私にとっては「やっとこの日が来たのね~」という思い。

イタリア人の女性にとってもウェディングは一大イベント。
ボーイッシュに見えるサラですが、ウェディングとなると完全に夢見る女の子!

準備の周到さはすごく、挙式日の決定はもう2年前に。
挙式ロケーション(教会とレセプションホール)の決定は1年以上前に。
ちょうど去年の今頃はケータリング会社候補をリストアップし、試食会ツアーをしてました。

イタリア人のお式は150-200人クラスになると日本と違い収容できるホテルがまずないため、お城やお屋敷を貸し切りケータリングを入れる事が一般的なのです。フィレンツェには優秀なケータリング会社が多くあり、食事とワインの質は勿論、家具、テーブル・セッティング、フラワーアレンジメントも趣向を凝らすところが多く花嫁は皆迷うところです。

reception.jpg

サラも最終的に4社に絞って試食したそうです。彼女曰く「私はトスカーナっ子、彼はエミリア・ロマーナっ子。そうなると当然美味しい物を食べ慣れてるお客さんばかりだから、食事にはかなり気を使わないとね」だそう。

party dinner

私も今から楽しみです!



プロフィール

Weddingplanner

Author:Weddingplanner
ネーム:きょうこ
職業:イタリア・フィレンツェ在住 
ウェディング・プランナー

好きな事:旅、食、ホーム・パーティー、手芸

プロフィール:
幼少時代はハワイで過ごす。
東京の外資系広告代理店で12年間戦略プランナーとして勤務。仕事・結婚・子育ても充実していた中、何か新しいことにチャレンジするなら30代のうち!と一転、家族でイタリアはフィレンツェへ引っ越し。間もなく現地で会社を立ち上げ早10年。ウェディング・プランナーとしてたくさんのカップルの門出に立ち会わせていただきました。

イタリア・ウェディングに関するお問い合わせは下記まで:
www.evc.co.jp
kyamashita@evc-italia.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。