スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ:10ユーロ前後で食べる美味・お洒落ランチ その2

フィレンツェで美味しくお洒落でかつお手頃ランチというと大抵街の中心よりちょっと歩いたところにあるもの。でもここは共和国広場(Piazza Repubblica)そばにあり街のど真ん中にある私のお気に入りランチ・スポット。好立地にも関わらず観光客が少なく、ちょっとおしゃれなフィオレンティーナ達が仕事仲間とお昼を食べにきている感じのお店です。

お洒落なエノテカっぽい雰囲気の店内。
rosa+2_convert_20130606054303.jpg
rosa+5_convert_20130606054708.jpg

日替わりパスタは7−8ユーロ。(少なく見えますが最近よく見かける深底のお皿で実はボリュームは十分)
rosa+4_convert_pasta.jpg

ハンバーグ・ステーキも美味しい。(10ユーロ)
rosa burger

あとは女性に人気の具沢山のサラダも各種あって8−9ユーロ(こんなサラダだけでお昼を済ませるイタリア人も多い)。

おまけですがトイレもきれいでお洒落。
rosa+3_convert_toilet.jpg

こんなお洒落なところでもベビーはウェルカム?さすがイタリア!
rosa baby

rosa convert window

Bottega Rosa
Via del Campidoglio, 8 50123 Florence
055 267 0423

フィレンツェ:10ユーロ前後で食べる美味・お洒落ランチ その1

美食の街、フィレンツェ。
フィレンツェを訪れる皆様には是非、美味しいトスカーナ料理を堪能していただきたいものです。
でも、昼も夜もゴージャスなリストランテはお腹にヘビーだったり、観光やお買い物の時間が削られたりも。

私自身は旅行中のお食事は内容/予算にメリハリを付けたいと思うほうですが、どうしてもサンドイッチ等で済ませるのが嫌なのです、、、。どこかの街に出かける時はお目当ての上質なレストラン以外に、軽く、リーズナブルでも美味しくお洒落なところを必ず数件調べて出かけます。

ランチが安く美味しく食べれる東京等とは違い、ランチもディナーも価格帯が一緒というレストランが多いイタリア。そんな中、私のお気に入りの美味しくリーズナブルなフィレンツェ・ランチスポットをご紹介します。

Toscanella Osteria
ここは女友達とかなりよく行きます。

toscanella+_convert_20130516065006.jpg
店内もお洒落
photo-60_convert_20130516070849-1.jpg

パスタ(スパゲティかペンネ)をお好みのソース(トマトソース、ピリ辛トマトソース、ジェノヴェーゼ、ミートソース、ペコリーノチーズのソース、アーティチョークのソース等)でオーダーして6.5ユーロ。これでも日本人の女性のランチなら十分ですが、もう少し食べたい方はサイド・ディッシュのサラダやローストポテトをとったらプラス4−5ユーロ。

toscanella+tomato_convert_20130516065929.jpg

更に嬉しいのは軽めのコースランチもあること。
プリミ(パスタ等)、セコンド(お肉等)をそれぞれ5、6種類の中から選び、パン、コーヒー、お水、カバーチャージ全部込で12ユーロ。(平日のみ)

セコンドはローストビーフ。ポテトが甘くて美味。
toscanella+rb_convert_20130516065519.jpg

手打ちパスタは10ユーロ。
toscanella+pasta+fresca_convert_20130516065319_convert_20130516065556.jpg

お店のデータ:
Toscanella Osteria
Via Toscanella 32-34-36 rosso
Tel: +39 055285488
http://www.toscanellaosteria.com/

春のパーティー

noname-4.jpg

先週から急に気温が上がり、初夏のような陽気の中、我が家でホームパーティーを開きました。
娘のバースデーパーティーですが、ホームパーティーが大好きな私、毎年いろいろとテーマを決めてパーティーを企画します。東京もそうでしたがフィレンツェの駐在員コミュニティーは子どものパーティーとは思えない、ど派手な趣向を凝らしたものが多いです。お庭にミニ・ウォーターパークを仮設したり、DJやライティングを入れてディスコにしたり、、、。逆にイタリア人のパーティーはお決まりのピエロがきたり、ピザ屋さんで食事などでつまらない、、、。私はどちらかというとちょっとした工夫やアイディアで楽しませたい方なので、これまで農家に頼んで動物を連れて来てもらったり、予めご近所に協力を頼みハロウィーンのTrick o Treat(イタリアにはない!)をさせたり、、、。今年はカップケーキ&Tシャツプリントにしました。

カラフルなカップケーキをあまり見た事のない彼女たちのために予めインスピレーション・クリッピングを用意。

cupcakes.jpg

noname-2.jpg

noname-6.jpg

noname-5.jpg

そのあとは用意したTシャツに好きな画像をカラープリントし、アイロンで貼ればオリジナルTシャツ作り。
好きなバンドの写真を取り込んだり、勝手にオリジナルのアバクロTシャツを作ったり。

clip

企画・実施ともに子どもより楽しんでいる私ですが、最近フィレンツェで流行っているバースデーパーティーはちょっと前にできたハードロック・カフェでのパーティー。ある日子どもに「私もハードロックのお食事パーティーでいい」なんて言われたらどうしましょう、、、。

思い出作り、パーティー企画、サプライズが大好きな私にとって、やはりウェディング・プランナーは天職かもしれません。そろそろウェディング・シーズンも本格化の頃、たくさんの「大人のパーティー」を控え楽しみです。

DSC_3968.jpg







花のトスカーナ

春満開です。
フィレンツェはその名も花の都。
でも豪華な大輪の花ばかりではなく、野に咲く小さな花々も本当に綺麗です。

margaret.jpg

緑の多いトスカーナの春は沿道や空き地にたくさん小花が咲いてあちこちにお花畑ができます。
小さい頃、少女漫画で出てくるようなお花畑は一体どこにあるんだろうと東京生まれの私は思ったものでした。
こちらは農薬をあまり使わないからだと思うのですが、お花畑がいっぱいです。
たんぽぽ、レースフラワー、スイセン、ムスカリ、アネモネ等。

tampopo.jpg

photo-53.jpg

flower in glass

そういえば昨年最後の結婚式、花嫁に「野に咲くお花を束ねたようなブーケを」というリクエストを受けました。
さすがに冬だったので野花系は少なかったのですが、フローリストが冬咲きのつるバラと実物でナチュラルな雰囲気を出してくれました。

bouquet.jpg

ウェディング・ロケーションのその時期の季節を感じるブーケのオーダー、お薦めです!


ビッグ・バースデー

2012年、フィレンツェで流行ったのか、私の周りだけだったのか、、、それはビッグ・バースデー。
友人が3人、それぞれ40歳、50歳といういわゆる大台のお誕生日を迎え、それぞれのバースデー・パーティーに呼ばれました。

私の火曜朝のお茶友達、アメリカ人の友人アリソンの50歳のお誕生日は50人が招待された自宅での着席ディナー。自宅のリビングがホテルのボールルームのようになっていてびっくり。

Alison+dinner0_convert_20130306095539.jpg

そして次に呼ばれたのが美人弁護士の友人、ジュリアーナのバースデー。こちらは夏の終わりに何と自宅のお庭で100人の着席ビュッフェディナー!結婚披露宴並みのセッティング、ビュッフェもそれぞれ別コーナーでアンティパスト、プリモ、お肉のセコンド、スカンピなどの魚介グリルのセコンド、デザート、、、超豪華。バンドが入り、歌う、踊る、、、ほとんどウェディング。

Giuliana+Tent_convert_20130306095927.jpg

Giuliana+cake+blow_convert_20130306100313.jpg

締めくくりは家も近所で仲良しのテア。サプライズ・パーティーの招待状が届き、当日は150人を超える親族と友人がフィレンツェのバンケット専用レストランに集まったところ、何も知らないテアがご主人とお兄さん夫婦とレストランに入ってきた瞬間バンドの演奏にのって150人がハッピーバスデーを大合唱。テアのびっくりした顔が忘れられません。ゲストの前でシェフがミルフィーユのバースデー・ケーキを作るパフォーマンスもあって美味しく楽しいパーティーでした。ケータリング会社はジュリアーナのと同様、最近ウェディングでも人気のガラテア。

↓トップシークレットと題され届いた招待状
Tea+Invito-3_convert_20130306100850.jpg

tea+cake+2_convert_20130306101111.jpg

そして注目したいポイントは!
どれも主催は旦那様なのです。

アリソンのご主人のスピーチ:「今年で18回一緒に君の誕生日を祝ったけど、これからもずっとずっと一緒に祝いたい」

ジュリアーナのご主人はお食事の一品一品、バンドが歌う音楽の選曲まで全て指示して大パーティーを仕切ったのですが、あくまでも自分は控えめ。ゲストに飲み物が行き届いているか目を配り、ぽつんとしているゲストがいたら横に座って話しかけて。ジュリアーナが楽しそうにしている姿を穏やかな笑顔で眺めていたのが印象的でした。

テアのご主人は1ヶ月前から招待客全員を巻き込んでの周到な準備。私は当日テアに怪しまれないようママと子ども達を家から連れ出す役目でした。

3人とも素敵な旦那様でラッキー、とばかりは言えない、とてもチャーミングな女性でよき妻、よきママなのです。

そんな友人のパーティーに持って行くプレゼント?
アリソンにはカッパネッレというワイナリーの名ワイン、50&50を。
ジュリアーナには胡蝶蘭とシルバー製のブローチとお揃いのブレスレット。(数ヶ月後に一緒に食事をしたらちゃんとそれを身につけてきてくれてびっくり。あんなにたくさんのゲストにどんどんプレゼントを渡されていたのに、、、さすがです)
テアには私の大好きなヘアサロンのヘッドスパをプレゼント。大好評でした。





プロフィール

Author:Weddingplanner
ネーム:きょうこ
職業:イタリア・フィレンツェ在住 
ウェディング・プランナー

好きな事:旅、食、ホーム・パーティー、手芸

プロフィール:
幼少時代はハワイで過ごす。
東京の外資系広告代理店で12年間戦略プランナーとして勤務。仕事・結婚・子育ても充実していた中、何か新しいことにチャレンジするなら30代のうち!と一転、家族でイタリアはフィレンツェへ引っ越し。間もなく現地で会社を立ち上げ早10年。ウェディング・プランナーとしてたくさんのカップルの門出に立ち会わせていただきました。

イタリア・ウェディングに関するお問い合わせは下記まで:
www.evc.co.jp
kyamashita@evc-italia.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。