スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極のクリスマス・パーティー In Firenze

これからクリスマスにかけてパーティーやディナーが多くなる季節です。
昨夜、私にとってフィレンツェ暮らしの中では最も印象深いパーティに招待され、夫婦で行って参りました!

招待状には、「人類史上類い稀な美青年が給仕頭を努めます。」とあり、、、??

場所は「アカデミア美術館」と聞き、それ自体ちょっと信じがたい、、、

まさかその美青年とは、、、

davide.jpg

そう、ミケランジェロの「ダビデ」!!
言わずと知れた美術史上最も良く知られた作品、ミケランジェロの最高傑作のひとつでありルネッサンス芸術の代表作。500年の歳月を経た今も見るものを圧倒する力強さと美しさをもつダビデ像。

アカデミア美術館のダビデ像の置かれたギャラリーは細長いアプローチがあり、両脇のミケランジェロの彫刻郡をへて最後にダビデ像の前にくるようになっています。
その入り口からダヴィデ像に到達するまで、歩み寄りながら「これがあのダヴィデ像、、、」と思わず心が躍るアプローチに50席程のディナーテーブルがセットされていたのです。

david dinner

アカデミア美術館内で食事会が催されるなんて聞いた事もないので半信半疑だったのですが、、、。
主催はフィレンツェの芸術継承、美術品修復のための基金活動、修復プロジェクトを遂行する伯爵夫人。
なるほど、最近のプロジェクトがこのダビデ像に修復だったそうでアカデミア美術館から特別に場所を提供されたそう。招待客はフィレンツェをこよなく愛す、このような活動への賛同者約50名(私たちは極たまにお手伝い等するだけなので恐縮、、、)。アカデミア美術館館長もご出席でした。
あまりの素晴らしい会場にただ感激、、、。

お食事の前にフィレンツェ市公認ガイドさんよりダヴィデ像に関するお話。
秘話等も含めて興味深い内容で語り尽くされた名作でもやはりプロから聞くお話しは違う、、、と感動。

長い長いテーブルのクリスマスデコレーションもセンスよくとても参考になりました。

dinner with david

ちなみにお食事のメニューは:
サーモンのカルパッチョサラダ
トリュフとホワイトソースのトルテリーニ
5つのお肉の取り合わせ、3種類のソース添え
パンドリーノ チョコレートソースがけ
ワインはAntinoriのTignanello 2006 その他2種

キッチンのない中、50人分のフルコースですからお味は勿論レストランのようには行きませんがプレゼンテーションと給仕(本物の)はエレガントでクオリティ高く大満足。トリュフのトルテリーニはとても美味しかったです。

こういうパーティーでは夫婦で出かけても通常別々に座席がアレンジされます。
私の左隣はアメリカ人ジャーナリストの女性、話題は結婚式事情から殺人事件裁判まで興味深く、、、!?
右隣は初老のイタリア人紳士でとてもエレガント。和食がお好きとのことで、彼曰くミラノにあるヨーロッパ一美味しい和食屋さんなど教えていただき盛り上がり、、、!?あとで主催者に伺ったところによると彼はイタリアのスーパーチェーン、小売り業ではヨーロッパで4位の高利益会社として知られるエッセルンガの創始者でありオーナーだそう。私の職業を聞かれたので、イタリアの素敵な小さな街を中心に、地元の文化に触れる挙式をアレンジしています、と話したら素晴らしいアイディアだと絶賛してくださいました。

こちらのパーティー、毎年招待していただいているのですが来年はどこで催されるのかいつも楽しみ。
でも「ダヴィデの給仕」を越えるパーティーって一体...?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごいパーティですね~!!
その場にいられたら感動もんですね!!!

いやいや恐れ入りました。。

No title

うわぁ~すごいパーティーですね。
改めて、ダビデ・・・素晴らしいです。(*^_^*)
そうそうたるメンバーの・・・
素晴らしい芸術を鑑賞しながらのパーティー感動です。\(^o^)/
整然と並べられた洋食器を目の前にして・・・もう感動です。
私はこういう場面に慣れていないので・・・
素晴らしい画像が見られただけで・・・有難うございます(^・^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Weddingplanner

Author:Weddingplanner
ネーム:きょうこ
職業:イタリア・フィレンツェ在住 
ウェディング・プランナー

好きな事:旅、食、ホーム・パーティー、手芸

プロフィール:
幼少時代はハワイで過ごす。
東京の外資系広告代理店で12年間戦略プランナーとして勤務。仕事・結婚・子育ても充実していた中、何か新しいことにチャレンジするなら30代のうち!と一転、家族でイタリアはフィレンツェへ引っ越し。間もなく現地で会社を立ち上げ早10年。ウェディング・プランナーとしてたくさんのカップルの門出に立ち会わせていただきました。

イタリア・ウェディングに関するお問い合わせは下記まで:
www.evc.co.jp
kyamashita@evc-italia.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。