スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくらかかるの?気になるイタリア・ウェディング事情

ウェディング費用、いくらかかるの?
よく日本の結婚情報誌で見かける見出しですが、イタリアのウェディング雑誌はドレス一辺倒のものが多く実用的な情報には乏しいのです。
ところがMa quanto costa?" (で、いくらかかるの?)という見出しを最近出た"ヴォーグ・スポーザの別冊で発見!
スキャン+13_convert_20131101072852

細かい項目別に予算が載っています。平均ではなく予算幅であるところがイタリア的。

スキャン+11_convert_20131101072633

主だったものをご紹介しましょう。(カッコ内は私のコメント)単位:ユーロ

花嫁:
ドレス 2000-12000 (レンタルという発想はないですから納得)
ヴェール 500-3000 (結構高くてびっくり)
ヘアメイク 150-800 (お支度のみの料金ですね。ウェディングに付き添うのは別料金)
ブーケ 150-500 (日本に比べて安いですね)

新郎:
タキシード・スーツ 2500-8000 (ミニマムが花嫁のドレスより高い!さすがイタリア男子)

セレモニー:
結婚指輪とリングピロー 800-2200 (納得)
音楽 400-1000 (オルガン、ソプラノ、ヴァイオリン等の単品か組み合わせですね)
写真 3000-6000 (高い、、、ですが通常、お支度ーお式ーフォトツアーーカクテルーディナーの12時間のお仕事、アシスタント、リタッチ費用、アルバムも入っていますから。)
ビデオ 1500-3000 (ほぼはずされないオプションで上記と同じ拘束時間、編集作業も時間がかかるのに写真に比べると安いですね)

披露宴:
会場占有費 1200-8000(まず第一に押さえるもの)
食事 65-200 (65は滅多にないですが2コースでしょう、上限が200は日本に比べて安いですね)
ウェディング・ケーキ 500-1200 (これも日本に比べて安いです、80-200はサーブできるはずですから)
音楽 1500-3000 (ダンス・タイム用にライヴ・バンドが入ることが多いのです)

装花:
教会 1000-3000 (納得)
披露宴会場 1500-6000 (納得)

ハネムーン: 5000-25000(最近ウェディング・リスト代わりにハネムーンの費用を親族・友人に出してもらうカップルがとても多いのです)

イタリアの平均所得は日本に比べ随分低い事を考えればこの予算は随分高いですよね。
でもまわりのウェディングを見ていると、驚く値段ではありません。ウェディングはイタリア人にとって大切な「家族」と「愛」にまつわる一大イベントですから。もちろん規模は大きく参列者100-200人が平均でしょう。南イタリアに行く倍層することもしばしば。
そして晩婚化が進むイタリアでは大人のこだわりを形にしたものが多いのもこの数字にあらわれているのかもしれませんね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Weddingplanner

Author:Weddingplanner
ネーム:きょうこ
職業:イタリア・フィレンツェ在住 
ウェディング・プランナー

好きな事:旅、食、ホーム・パーティー、手芸

プロフィール:
幼少時代はハワイで過ごす。
東京の外資系広告代理店で12年間戦略プランナーとして勤務。仕事・結婚・子育ても充実していた中、何か新しいことにチャレンジするなら30代のうち!と一転、家族でイタリアはフィレンツェへ引っ越し。間もなく現地で会社を立ち上げ早10年。ウェディング・プランナーとしてたくさんのカップルの門出に立ち会わせていただきました。

イタリア・ウェディングに関するお問い合わせは下記まで:
www.evc.co.jp
kyamashita@evc-italia.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。