スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOY SPOSI ウェディング・イベント In Firenze

2月5日から3日間、フィレンツェで JOY SPOSI というウェディング・イベントが開催されます。フィレンツェでは年間を通して何度か見本市が催されますが、ウェディング・ドレスやケータリング会社等が多数出展する、どちらかというと私のようにプロデュースする側より実際の花嫁に参考になるであろうものが多いのです。

hall_convert_20100206080048.jpg

昨年末、突然このイベントの主催者から電話がかかり、「ウェディング関係者の数名からお名前を伺ったのですが、このイベントに協力していただけないでしょうか?」とのこと。出展のお誘いかと思い、やんわりお断りしましたら、そうではなくインターナショナル・ウェディング・プランナーのパネルの一人として話をして欲しいとのこと。

このイベントについてもう少し詳しく伺うと、ハイレベルなコラボレーター(ホテル、レストラン、フラワーデザイナー、ヘアメイク、引き出物をつくる職人工房等)同士のビジネス交流、これはローレベルかも知れないけれど他でもあり。私がふうん、と思ったのは、主催者のクリスティーナが言った、このイベントをイタリアの芸術、モード、食、スタイルの伝統、つまりは「メイド・イン・イタリアの文化と伝統」が凝縮されたウェディングを提唱するものにしたいという下りでした。確かにイタリアのウェディングはセレモニーにしろ、ドレスにしろ、食事にしろ、イタリアの文化・伝統が多くの場合、手仕事の匠によりそれは美しく作り上げられるものが多いです。このポイントにちょっと興味を抱き、パネルの日本代表(すみません、勝手に代表してしまって!)として参加する事に。

今日はオープニング・イベントに行ってきました。

フィレンツェ市の文化担当評議員や関係者が多く見守る中、イタリア最古の新聞社LA NAZIONEとフィレンツェ・モード大学のコラボレーションによるファッションショーがスタート。圧巻は「読むウエディングドレス」と題された
LA NAZIONEの新聞で作ったモードなウェディング・ドレス!!

dress up

新聞紙一枚一枚に裏地を貼り作り上げたもの。
dress back4

靴も!!

shoes.jpg

デザイン、制作をしたアーチストの女性曰く「もうしばらく新聞は読めないかも(笑)」。

さて、明日は私もパネル・トークで一日中アポイントが入っているそう。

日本人はイタリアの衣食等の文化に対する理解度がとりわけ深いとうことがこちらでも知られつつあります。
イタリア人にとっては自分たちが作ったものをただ食べる、ただ着るではなく、理解してもらえるというのは重要なポイントなのです。これからも私たち日本人が思わず感嘆するような美しいサプライズをイタリアが作り続けてくれることを願って、一日頑張ってきます、、、。








テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今月のイベントは・・・バ・・・レ・・・ン・・・

お花の事ならお任せください。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:Weddingplanner
ネーム:きょうこ
職業:イタリア・フィレンツェ在住 
ウェディング・プランナー

好きな事:旅、食、ホーム・パーティー、手芸

プロフィール:
幼少時代はハワイで過ごす。
東京の外資系広告代理店で12年間戦略プランナーとして勤務。仕事・結婚・子育ても充実していた中、何か新しいことにチャレンジするなら30代のうち!と一転、家族でイタリアはフィレンツェへ引っ越し。間もなく現地で会社を立ち上げ早10年。ウェディング・プランナーとしてたくさんのカップルの門出に立ち会わせていただきました。

イタリア・ウェディングに関するお問い合わせは下記まで:
www.evc.co.jp
kyamashita@evc-italia.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。