スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア人にイタリア料理は出すべからず

こちらに引っ越してくる随分前からの友人、ディーノとアンナ夫妻等が夕食にくる事に。

tavola_convert_20091129214511.jpg

ディーノは主人の数十年来の親友、かつてイタリアの大手ホテルチェーンのセールスディレクターで大の親日家。
かのラ・ベットラの落合シェフに店名の由来となったフィレンツェのトラットリア La Bettolaを紹介した人でもあります。

dino_convert_20091129214422.jpg


落合シェフはディーノの勤めていたホテルチェーンのレストランで料理修行をされ、奥さんのアンナのお兄さん宅にホームステイされていたそう。フィレンツェ滞在時には何度となくディーノのお宅でお料理上手のアンナのお食事を楽しまれたとか。

という事でアンナはお料理上手、、、。
そんなイタリア人を家に招く時はさすがに緊張します。
私の中での鉄則は「イタリア人にイタリア料理はだすべからず」。
美味しい、美味しくないは関係なく何かを作るときイタリア人はそれぞれが「これはこうすべき」というこだわりがあってウルサイからです。
そんな時の一番手っ取り早い解決策は「和食」です。
食文化の発達していない国の人は食べ慣れていないものはダメですが、イタリア人は舌が肥えているので美味しければOK、しかも彼らには何をどう味付けしたかさっぱりわからないものなので「こうすべき」論の的にならずに済みます!
ただ、、、この日はもう一組、かなりコンサバなご夫婦がいらしたので和食案は断念。
そこでこちらでも好んで食べられるスペアリブをアレンジしてみました。
こちらでは香草入りのお塩で食べるRosticcianaが主流ですが、私はアメリカのバーベキュー風にタレをつける事に。タレのベースはバルサミコでイタリア人にも馴染みのある味付けにし、ローストポテトと一緒に出しました。

ribs_convert_20091129214604.jpg

皆さん、完食/おかわりしてくださったのでホッ。

デザートはタルトタタンを作りました。

tarttatin_convert_20091129214633.jpg




スポンサーサイト

イタリア秋の味覚 

イタリアも秋になるといつにもまして食欲の秋!
美味しいものはたくさんありますが、我が家の秋の楽しみのひとつは“焼き栗”です。
この時期イタリアの街角では焼き栗スタンドがあちこちにつくられ、その香ばしい香りについ誘われてしまいます。
秋も深くなってくると大きなMarroneがでまわるので家でもよく焼き栗をいただきます。
もともと栗が大好きな私はこれに目がありません...。
なにせこちらの栗はかなり大ぶりなのに天津甘栗のように甘いのです!

底に穴がある専用のフライパンでじっくり煎るように30分程焼きます。

フライパンで煎る

はじけないよう予め栗カッターで切れ目をいれておきます。

栗カッター

焼き上がった栗はアツアツでいただくのが一番美味しく、赤ワインにとても良く合います。

栗とワイン

FC2 Blog Ranking

はじめまして。


firenze mid

はじめまして。
イタリアはトスカーナを拠点に結婚式をプロデュースするお仕事をしています。
こちらにくる前は12年間、東京の外資系広告代理店で戦略プランナーというお仕事していまして、その間に結婚、2児の出産育児を両立できるという恵まれた環境にありました。主人はヨーロピアンなのですが、日本在住が長くずっと日本でも行けるかも、というタイプの人で特にどこかに移らなくてもいい様子。このままでも十分幸せかもしれないけど、何か新しい場所で新しいことをしてみたいと思う気持ちが捨てきれず、チャレンジするなら30代前半の今かなと、移住を決意。いくつかの候補地の中から何度訪れても印象深いイタリアのフィレンツェが最有力候補に。住宅環境、インターナショナルスクール事情等を視察に行き、ここに住みたい!と言う気持ちが更に強まり計画実施へ。5ヶ月後には引っ越していました。
大学卒業以来ずっと仕事をしてきたのでペースは落としつつも何か仕事はしたい、仕事をすると新境地でも知り合いも必然的に増えて楽しいと思い日本を出る前に検討したいくつかの案の中にウェディング・プロデュースがありました。こちらに来て挙式場所の発掘、念には念を入れたインフラの整備を行いスタート。

satoko_convert_20091125090716.jpg

イタリアの美しい環境、つまりはハードウエアはそのままにサービス面等のソフトは日本基準(これは本当に難しい!)、というのにこだわりチューニングを続けて早5年。信頼のおける優秀なスタッフも揃い、現地で挙式をしてくださる市庁舎の方々や神父様ともよい関係が築け、完成度の高い挙式ができるようになりました。そして嬉しいことに挙式をされたたくさんのカップルと時折メールで連絡を取り合ったり、またこちらに訪ねてきてくださったり。
親類も友人もいないイタリアに来たのにウェディングという幸せに携わるお仕事をはじめたら本当にたくさんの方々とつながる事ができ、本当に幸せです!

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Weddingplanner

Author:Weddingplanner
ネーム:きょうこ
職業:イタリア・フィレンツェ在住 
ウェディング・プランナー

好きな事:旅、食、ホーム・パーティー、手芸

プロフィール:
幼少時代はハワイで過ごす。
東京の外資系広告代理店で12年間戦略プランナーとして勤務。仕事・結婚・子育ても充実していた中、何か新しいことにチャレンジするなら30代のうち!と一転、家族でイタリアはフィレンツェへ引っ越し。間もなく現地で会社を立ち上げ早10年。ウェディング・プランナーとしてたくさんのカップルの門出に立ち会わせていただきました。

イタリア・ウェディングに関するお問い合わせは下記まで:
www.evc.co.jp
kyamashita@evc-italia.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。